小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

フランス美食旅

2013.04.04 Thursday

ハチミツとコンフィチュールの殿堂、Loreztia(3)

試食しながら棚に並ぶコンフィチュールを眺めるのもまた楽しい。
甘みは、砂糖(さとうきびからの)とハチミツを使っているとの表示。

フルーツの組み合わせには珍しいものも多く、中にはバスクならではのものも
見つけましたよ。



左から、
Pomme Patxaran
Pomme au Sagarno
Pomme Poire Noix
Pasteque Orange
と書いてあります。

Pommeはリンゴのこと。
Patxaran(パチャラン)はスモモの仲間のフルーツをつけ込んだバスクのお酒です。

お隣の、Sagarno(サガルノ)はシードルの事。
シードルはリンゴから作るので親子関係ですね。

3つ目はリンゴ、洋梨、くるみ。
南西部はくるみの産地としても有名なのでこれまたそそられる組み合わせです。

4つ目はPasteque(スイカ)とオレンジ!
日本人には考えつかないような組み合わせです。
そういえばフランスでスイカって食べた事ないのですが、
日本のスイカのように糖度が高いのかしら?
それとも瓜っぽいのでしょうか?

こんな調子で、コンフィチュール屋さん楽しいです。